読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗が多かった人でもできる誰にも負けない強みを発見する方法

LINEのとある1通の通知が、

就活生の後輩からきました。

 

この時のやり取りは、

『今自分の強みってなんだろう?』とか、

『短所はわかるけど、長所なんてない』とか、

考えている人には、とても役立つと思う。

f:id:hidenobu_0929:20161223110635j:plain

 

どんな仕事にするのか?決めるのが、

終わった後でも、

 

仕事をすることになったら、

結局自分の強みをわかってないやつって

仕事では”使えない人”って思われてしまうから、

今のうちに真剣に考えて欲しい。

 

 

その一方で、自分の強みがわかった人は、

やりたくない仕事でも、

どうやったら、できるのか?わかります。

 

 

そうすると、

『お前は仕事できるな』って

先輩からも公開からも評価されるようになって、

自分がやりたいことだらけの人生になるだろう。

 

 

 

さて、LINEに来た通知は、どんな中身だったのか?

 

------------------------------------------------------------------

Aくん:「俺の評価できるところってどこ?」

 

 

俺:「恥ずかしがらずに、相談できるところ」

(就活の面談とかで悩んでるのかなぁ。。。)

 

 

Aくん:「最近答えられない質問多いんだよね・・・」

 

 

俺:「でも、実際は、、、」

------------------------------------------------------------------

 

 

で、ここから俺が何を話したかというと、

 

”お前の乗り越えた困難はなにか?”

 

を考えたほうがいいということ。

 

 

よく考えて欲しいのだが、

今まであった人の中で、

自分と全く同じ人生だった人なんて

いるだろうか?

 

 

「はい、います!」というなら、

紹介してほしいが、

きっと「いない」というだろう。

 

 

であるなら、

あなたの強み=他人にないもの

と考えて、

 

自分だけが乗り越えられたものというのは、

自分の強みにならないだろうか?

 

 

例えば、俺の場合、

正直女の子と仲良くなるのは、得意だし、

相談相手になるとは、しょっちゅうある。

 

 

だけど、好きな女の子でも、

お兄ちゃんのような相談相手になることが多い。

 

 

だから、もし、俺が相談相手から、

好きな人としてみられるようになれたら、

それは、成長した証だと思う。

 

 

つまり、

苦手だったことや短所だと思えることは、

あなたが一番向き合ってきたことで、

それが一番の強みになる可能性が高い。

 

実際に、今の俺のお仕事でも、

自分が昔できなかったような人に

アドバイスをすることが増えた。

 

 

だから、もしこのブログを読んでいるあなたが

強みがなくて、困っているなら、

次の3ステップをやってほしい。

 

1.ステップ

過去に短所や苦手を書き出す。

 

2.ステップ

乗り越えた時のことを書き出す。

 

3ステップ.

そこで学んだことを書き出す。

 

 

あなたの強みは、

3ステップ目ででてきたものになる。

 

 

今すぐ下↓にある[テンプレ]に従って、

あなたの強みを見つけて欲しい。

 

[テンプレ]

---------------------------------------------

1.ステップ

過去に短所や苦手を書き出す。

 

2.ステップ

乗り越えた時のことを書き出す。

 

3ステップ.

そこで学んだことを書き出す。

---------------------------------------------