読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を”後悔ばかりにさせる魔物”とその撃退法とは?

今日は、俺が、今まで成功できなかったのには、

とある魔物が、いるからだ。

f:id:hidenobu_0929:20161223114331j:plain

 

強い魔物が実は、何体かいるのだが、

そのトップ3に入るくらいのものを

シェアしようと思う。

 

 

これは、あなたもこの魔物とは、

戦っていて、かなり強敵だという経験を、

しているはずだ。

 

 

ちなみに、、この魔物は、

ほとんどの人の目の前に現れる。

 

 

だから、もしこの魔物を

退治することさえできれば、

ほとんどの人よりもいい生活をすることができる。

 

 

今、俺が、東京でいい食事ができているだけでなく、

博多や、名古屋など、その他主要なところで、

おいしいご飯を食べられているのも、

f:id:hidenobu_0929:20161223114702j:plain f:id:hidenobu_0929:20161223114654j:plain f:id:hidenobu_0929:20161223114658j:plain

 

その場所でイベントごとを企画して、

楽しんだりできているのも、

f:id:hidenobu_0929:20161215234054j:plain f:id:hidenobu_0929:20161216125009j:plain

 

すべては、この魔物を倒せたからだ。

 

 

その魔物というのが、”放置魔”だ。

 

 

この放置魔というのは、

あなたの心の中に存在し、

あなたの意識に向かって

こう言うのである。

 

「あとでやろう!」

「明日やろうよ!」

「今やらなくても大丈夫!」

 

あなたにこう言いながら、

「結局やらなかった・・・」

と言わせるのが、この放置魔の目的である。

 

 

 

この放置魔が現れるのには、

7つ原因があると言われているので、

次の7つを見てほしい。

 

1.「めんどくさい」
2.「失敗が怖い」
3.「時間がない(まだある)」
4.「嫌われたくない」
5.「つらい」
6.「自信がない」
7.「後悔したくない」

 

 

どれか当てはまるものは、あっただろうか?

 

 

どれに貼っているにしろ、

俺が放置させないためにしてる習慣があるから、

それも紹介する。

 

 

それが、

危機感(マイナス)と期待感(プラス)

両面からのやる理由を見つける

というものだ。

 

人は、なぜやらないのか?

 


それは

「やらなければいけない理由」が

明確になっていないだけだ。

 

 

人は何のためにやらなければならないかが

明確になっていれば行動ができない。

 

要は活動意欲が足りない。
車で例えたらガソリンが
入っていないのと等しい状態ってこと。

 

 

そこにどれだけ「やる意義」があるか。

・燃える願望

・緊急性

それが人間にとっての

活動意欲=ガソリンになるわけ。

 

 

活動意欲を持つためには
2つの側面から決めると効果がある。



一つ目は「危機感」


人の最も強い行動の動機は
恐怖から生まれるもの。


例えば、100円貰えるよりも、
100円失うほうが嫌だ。


これは極端な例えだが、

・これをやらなかったら、自分の片手を失う

・これをやらなかったら、自分の母親が殺される

 

そんな理由があったら、
あなたは真っ先に行動しないだろうか?

 

現在やこれからの自分が

失って困るものを動機に設定すると

強力な行動理由になる。

 


次に、二つ目は「期待感」だ。


これをやることで、

どんな大きなメリットが得られるか、


長期的な嬉しい、楽しい、幸せなどの

快感情を得られることを選ぶと、

強力な行動のモチベーションになる。

 

やらないと大損害があり、
やれば大きなメリットが待っている、
という双方の理由が明確に設定すれば、
人はお尻に火がついたように

真っ先に行動できる。

 

 

練習として、

やろうと思っていたものを思い出そう。

 

そして、やらなかったら、

何が危機感をあおるものになるのかを

考えてみて欲しい。