意識高いウソつき元就活生の国立退学後のブログ

面接で夢ばかり語り無内定の元就活生。現在は、英会話事業を持つ代表取締役。

人生楽しくさせてくれる3人のレンガ職人の話

from こあら

 

唐突ですが、

自分で立てた目標のことを

覚えているだろうか?

 

その目標に対して、まだモチベーションは

続いてるだろうか?

 

俺は、朝起きて、

雨が降ってようがモチベーションは、高い。

 

極端に下がるという経験をしたことすらない。

 

 

 

一体なぜ、俺は、いつでも調子がよく、

モチベーションを高く維持できているのか?

 

 

それを理解してもらうのに、

とっておきの話があるから、

今日は、その話をしようと思う。

 

 

じゃあ、説明していこう。

(音声で聴きたい人は、こちらから →

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Kさんが、ある砂漠を歩いていると、

レンガを積み上げる仕事をしている人が、

沢山いました。

f:id:hidenobu_0929:20170104225124j:plain

 

Kさんは、

「こんな砂漠で何をしてるんだろう?」

と思い、何人かに質問をしてみることにしました。

 

 

1人目は、すごい大変そうにレンガを積み上げてる

男性でした。

 

Kさん:

「あの〜、これは何をしてるんですか?」

 

1人目:

「見ればわかるだろ?レンガを積み上げてるんだよ」

 

Kさん:

「あ、そうなんですね。わかりました。」

 

 

 

また、探してみると、

2人目は、さっきの1人目の人ほどは、

辛そうには見えない男性でした。

 

Kさん:

「あの〜、これは何をしてるんですか?」

 

2人目:

「これかい、レンガを積み上げて、壁を作ってるのさ」

 

Kさん:

「あ、そうなんですね。わかりました。」

 

 

 

最後に、もう一人に聞いてみようと思って

探してみると、楽しそうにレンガを積み上げてる

男性がいました。

 

Kさん:

「あの〜、これは何をしてるんですか?」

 

3人目:

「俺たちは、ここにみんなが集まる大聖堂を

作ってるだ!完成したら、歴史に残るぞ!」

 

Kさん:

「あ、そうなんですね。わかりました。」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、何人目の男性が、人生楽しく生きて

仕事をしていると思っただろうか?

 

 

おそらく

「3人目の人」という人が多いと思う。

 

 

なぜ『3人目』と、

この話を聞いて、感じたのだろうか?

 

 

 

それは、間違いなく彼には、

”目的があった”からだ。

 

 

あなたは、今「将来こうしたいんだ」

という強い”目的”を持って生活できてるだろうか?

振り返ってみてほしい。

 

 

 

でも、「目的なんてない」そう思っても、

俺も最初は目的なんてなく生きてたから、

恥ずかしがることはない。

 

 

ただし、大事なのは、

目的がなかったとしても、

「俺は、どんな人生にしただろうか?」と

常に考えながら生きること。

 

逆に気をつけてほしいの

ツイッターやインスタグラム、youtubeなどの

ネットの情報に長い時間を使うこと。

 

 

あまりにも無駄な時間を過ごすことが多い。

 

 

「あ〜あの時、ちゃんとやってればな」と

後悔しないように、

小さな目的でいいから、

何を持って生活をしてみよう。

 

 

さて、今日寝る前は、

どんな時間にするかを考えてみよう。

 

 

例えば、長期の休みが取れた時、

「どこに旅行にいくか?」という目的を持って、

サイトを調べるといい。

 

 

だらだら起きてるより、いい時間になる。

 

 

 

 

意識高い系大学生が就活で内定がもらえず、

会社に雇われない生き方を選んだ話