読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信を取り戻す方法

f:id:hidenobu_0929:20170109202709j:plain

 

from 小松

_________________

「あなたは、自信がありますか?」

 

と聞かれたら、

 

「自信はないです」って思うことが

 

多いと思う。

 

 

 

でも、本当は「自信」なんてすぐに

 

手に入るから、その方法について

 

共有していくから、一緒に考えていこう。

 

 

 

自信を身につけることができれば、

 

あなたの人生は、どう変わりそうだろうか?

 

 

 

人前で自分の思っていることを

 

伝える時に、堂々と意見を

 

話すことができるだろうし、

 

 

その姿を見た相手には、

 

あなたの好印象が残ることになる。

 

 

そうすれば、向こうからいい反応が

 

返ってくるようになって、

 

いい結果になることが多い。

 

 

 

それは、好きな人への告白も

 

うまくいくだろうし、

 

誰か目上の人に気持ちを伝える時にも、

 

うまくいくということである。

 

 

 

では、「自信」のつけ方に関して、

 

話していこうと思うのだが、

 

 

そもそも、どうしてあなたには、

 

「自信」が必要なのかと、

 

考えたことがあるだろうか?

 

 

 

「自信があれば、なんでもうまくいくからです」

 

 

なんて答える人がいたら、

 

一度考え直してみて欲しい。

 

 

 

自信があったら、

 

失敗することがないのだろうか?

 

 

「失敗することは、あると思う」

 

とすぐに気づくはずである。

 

 

 

じゃあ、あなたには、なぜそんなにも、

 

失敗することを恐れて、

 

自信が欲しいと思っているだろうか?

 

 

 

もしかしたら、こんなことを言うかもしれない。

 

 

「だって、失敗したら、笑われるかもしれない」

 

「だって、失敗したら、恥ずかしいかもしれない」

 

「だって、失敗したら、バカにされるかもしれない」

 

 

 

確かに、書いたようなことが

 

起きるかもしれないが、

 

本当にそれが嫌なのか?って想像してみてほしい。

 

 

どちらかといえば、

 

また失敗して、笑われたり、恥ずかしい思いをしたり、

 

バカにされたりすることを恐れて、

 

 

 

何もチャレンジせずに、ずっと同じ成長のない

 

あなたでいることの方がいやなんじゃないだろうか?

 

 

 

できることなら、

 

あなたは、成長し続けたいだろうし、

 

自分が思ったように生き続けたいだろう。

 

 

このように、あなたが素直に思ったことや

 

あなたが素直に感じる気持ちを持っていることに

 

自信なんて必要あるだろうか?

 

 

俺が思うに、「自信」とは、

 

心の中に”あったり”、

 

”なかったり”するものではなく、

 

 

ただ、「自信」とは

 

持ちたいと思うか、どうか?

 

っていうものだと考えている。

 

 

漢字のなりたちを考えてみてもわかる。

 

「自信」=自分を信じる

 

なら、自分を信じるか、どうか?と考えるべきだ。

 

 

 

あなたは、絶対にいつどこでも、

自信を持つことができる。

 

 

あなたは、自分を信じてみたいですか?