意識高いウソつき元就活生の国立退学後のブログ

面接で夢ばかり語り無内定の元就活生。現在は、英会話事業を持つ代表取締役。

立てた目標を最後まで達成させるために忘れて欲しくない考え方とは?

f:id:hidenobu_0929:20170110193713j:plain

From: 小松
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日は、とある勉強会のために

朝早くから家を出た。

 

一緒に住む友達と、

急いで駅に向かう時の会話の中に、

 

目標を決めてから実行する時に

忘れてはならない考え方があったので、

シェアしたいと思う。

 

では、説明していく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もともと、乗りたかった電車の時間が、

7時37分。

 

次に乗れるのが、7時41分。

 

2つの電車には、3分の違いがあった。

 

 

そして、それぞれの到着時間は、

9時00分と9時10分だった。

 

2つの電車の到着時間には、

10分の違いがあった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

この電車の出発時間と

到着時間の違いから読み取れるのは、

次のことである。

 

 

電車に乗る時間は、

たった3分しか違いはないから、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

別に問題ないでしょう。

 

という考え方をしていたのに、

 

到着時刻を考えると、

10分も違いがあるんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

という考え方に変わったことです。

 

 

だから、忘れて欲しくないことは、

今ちょっと面倒くさいことや

やりたかったことをやらなかった時、

 

未来は、もっとやばいことになっている

ということだ。

 

 

もし、この記事を読んだあなたが、

面倒になって、やりたくなくなった時、

1ヶ月後、2ヶ月後、どうなっているのか?と

想像してみてほしい。

 

 

あなたが、計画を立てたのに、

「やっぱり計画を立ててもダメなのか・・・」

と自分を責めて、自信をなくしてしまうのか。

 

 

それとも、計画通りに動いて、

「よし!思った通りにうまくいったぞ!」

と、結果が良くなってきて、

自信をてにいれるのか。

 

 

これを想像するだけで、

きっとあなたの未来というのは、

もっといいものになっているでしょう。

 

 

 

小松