意識高いウソつき元就活生の国立退学後のブログ

面接で夢ばかり語り無内定の元就活生。現在は、英会話事業を持つ代表取締役。

【第2章】知らなきゃヤバい就職活動?!

〜目次〜

【第0章】どうして就職を捨て充実した人生を手に入れたのか?

【第1章】夢なき無欲な大学生が理想を描く

【第2章】知らなきゃヤバい就職活動?! ←今ここ

【第3章】就活失敗して気づけた大切なモノ

【第4章】※警告※アルバイトする大学生は今すぐやめてください

 

っと僕は、

 

「優秀さ」=「カッコ良さ」を

 

目指してきました。




みんなからカッコよく思われて、

 

認められ、時間に余裕があって

 

しかも、大きいなことをやってる

 

みたいなビジネスマンが「理想」です。





そのためにも、

 

ガラス張りの高層ビルに通勤し、

 

アフター5を満喫できて、

 

旅行するための休みが取れる生活がしたい

 

・・・そう思ってました。




その為には、どこに就職しようかな?って考えて

 

当時は適当に

 

知名度がある企業か一部上場企業に入ろう!」

 

でした。





で、僕は経済学部だったので、

 

専門性が高い職業は選べず、

 

”営業”を選ぶしかありません。




その中でも、塾講師をやっていて、

 

人の成長に興味があったので、

 

人材や教育関連ならいいかな

 

って思って、就活していました。

 

(リク○ル○ートやマ○イ○ナ○ビとか)




夢を語って、やる気あります!みたいに

 

就活してれば、そのうち「内定」もらえるだろう

 

なんて考えていた、当時の僕は浅はかで。。。




しかも、元々バイト先の学習塾の塾長からは、

 

「今度新しく校舎を立てるから、

 

そこの塾長やらないか?」なんて

 

誘われてたので、適当に就活してました。





でも、そんな考えも打ち砕くようなことがありました。




4年生の夏休みすぎても【無内定】



友だちの間で、

 

内定持ってないの、

 

自分だけ・・・




当たり前ですね。(今は笑えるwww)






ですが、幸運なことに、

 

僕はここから



2つのチャンスを手にしました。




1つ目が、親が

 

「あと1年あげるから、

 

留年して、もう1回就職活動しなさい」

 

と時間をくれたこと。




そして、大事な2つ目。



学年を偽って就活していた3年生の時に、

 

友だちになった、

 

ひと学年上の先輩との再会です。




実は、先輩は、起業していたんです。



そして、その先輩には、

 

あるペットの話をされました。



ーーーーーここからーーーーー

 

先輩

 

「ある家族にポチという犬が買われていました。

 

どうやらポチは、ある日魔女に魔法にかけられたそうです。

 

すると、ポチがこう言い始めました。



犬のポチ

 

『お腹すいた!いい肉が食べたい!

 

できるなら、シャトーブリアンがいいなー。



それに、ご飯食べたあとは、

高級羽毛のふかふかベッドで寝たいから

 

買っておいて!



あと、ずっと家にいると退屈だから、

 

明日は旅行に連れて行ってくれ!!』




もし犬がしゃべりだして

 

こんなことを思っていたら、

 

小松(僕)は、どう思う?



『犬が生意気だな笑』なんて

 

笑っちゃうかもしれない。



でも、この話を

 

会社の社長と新入社員に置き換えて

 

考えてみてほしい。




社長からしたら、

 

夢のような話ばかりして、

 

会社にあれこれいう社員は

 

生意気だろう?




好きなようにお金を使って、

 

好きなように時間を使って

 

好きな場所にいるためには、

 

働き方を変えるしかない」

 

ーーーーーここまでーーーーー




当時「起業」なんてことを知らなかった僕は、

 

「はて?」と思っていました。

 

給料という形以外、お金の手に入れ方があるなんて

 

知りもしないからです。




でも、あとから説明されて

 

わかりました。




就職先に、

 

・経済的自由(月に使えるお金)

 

・時間的自由(休む時間)

 

・地理的自由(生活する場所を選べる)

 

なんてものは、ないってことです。





確かに、就職活動とは、

 

就職先を選ぶ活動ではなくて、



会社が「こいつは役立つから雇う」という

 

雇ってもらうための活動でした。




僕は、起業した先輩からビジネスの根本を学び、

 

一定の実績を出すことができました。





誰かから給料もらう力(スキル・資格とか)を身につけても、

 

自分の理想は叶わないんです。



叶える為の方法は、

 

自分で稼ぐ力を身につけることでした。



これが、僕の就職活動して気づいたことです。




ということで、今日はおしまい。

 

hidenobu-0929.hatenablog.com