意識高いウソつき元就活生の国立退学後のブログ

面接で夢ばかり語り無内定の元就活生。現在は、英会話事業を持つ代表取締役。

人生の成功を左右する7番目の時間

From:こあら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

定が10社以上取れる大学生だろうが、

内定0社の大学生だろうが、

 

ジャンルを変えて、

成績がよかった高校生だろうが、

遊びまくってしまった高校生だろうが、

 

どんな人にも共通するものがある。

 

 

それは、「時間」。

 

f:id:hidenobu_0929:20170113211558j:plain

 

1日=24時間

 

これは、生きている人全員同じ条件だ。

 

 

このことは、誰もが当たり前に知っていること。

 

だが、この事実をきちんと

受け入れている人は、少ない。

 

 

なぜ俺がそんなことを言うかというと、

 

「時間は有限である」と、

 

思って生きてないからだ。

 

 

「無数にある選択肢」の中から、

 

・だらける

・寝坊する

・なまける

 

など、適当に時間を使っているからだ。

 

 

ここで、考えてみて欲しいことがある。

 

 

寿命が80歳までとして、

今の年齢を20歳とする。

 

 

また、睡眠時間を1日8時間とるなら、

24時間のうち3分の1を睡眠で

使っていることになる。

 

 

ということは、

80年のうち3分の1の26年は、

睡眠に当てていることになる。

 

 

じゃあ、次の式が成立する。

 

80歳(寿命)-20歳(現年齢)-26年(睡眠時間)

と計算すると、

 

34年しか、睡眠以外に使える人生の時間に

使えないのである。

 

今まで20年生きてきた時間の

約1.5倍の時間しか生きられないのである。

 

 

「今までの1.5倍の時間しか、

あなたの寿命はありません」

と言われたら、

あなたは「短い!!」と思うだろう。

 

 

そう思うなら、この残りの時間を

何に使うのか?っていうのを

改めて考えてみて欲しい。

 

参考までに、どんな時間になるのか?を

羅列してみた。

 

1.睡眠の時間

2.食事の時間

3.お風呂の時間

4.家族との時間

5.趣味の時間

6.仕事の時間

7.????

 

 

さて、あなたは、7番目の時間を

何に使うだろうか?

 

だらだらyoutubeツイッターなどのSNS

見る時間につかってしまうかどうかは

改めて振り返ってみて欲しい。

 

 

意識高い系大学生が就活で内定がもらえず、

会社に雇われない生き方を選んだ話

hidenobu-0929.hatenablog.com